カテゴリー:お知らせ・活動報告, イベント 2014.06.05

614報告集会

第5期沖縄意見広告報告集会を以下の内容で開催致します。ぜひご参加ください。

軍事力に頼らない平和を!
安保掲げ憲法9条の「骨抜き」を許さない!
今こそ、日米安保条約を見直し破棄する時!

■関東集会
日時:6/14(土)午後6時
場所:連合会館2階大ホール
プログラム:
・名護・稲嶺進市長より(メッセージ)
・訪米報告(1)猿田佐世(新外交イニシアティブ事務局長)
・訪米報告(2)吉川秀樹(沖縄・生物多様性市民ネットワーク)
・辺野古現地は今 安次冨浩(ヘリ基地反対協同代表)

※資料代800円(経済的事情のある方は考慮します)

■関西集会
日時:6/14(土)午後5時30分
場所:協同会館アソシエ3階ホール
プログラム:
・主催者あいさつ 武建一(沖縄意見広告運動代表世話人)
・日本国憲法改悪について(自民党憲法草案批判) 上原公子(元国立市長、脱原発をめざす首長会議事務局長)
・連帯アピール キム・ウォジン(韓国「反戦平和連帯(準)」幹事)
・NO!オスプレイ西日本キャラバン 活動報告

※資料代500円(経済的事情のある方は考慮します)

カテゴリー:お知らせ・活動報告, イベント 2014.05.09

稲嶺名護市長同席にて米ワシントンポスト紙電子版意見広告実施について以下の内容で記者会見を行う運びとなりました。

米ワシントンポスト紙電子版意見広告実施について

稲嶺進名護市長のワシントン行動を支援するワシントンポスト・デジタルへのWeb意見広告取り組み発表 記者会見の開催について
日時:2014年5月13日(火) 午前11時~
会場:名護市中央公民館2階 第4研修室(市民会館の右隣)
主催:第五期沖縄意見広告運動
参加者:沖縄意見広告運動代表世話人 山内徳信/米紙意見広告編集責任者 伊波洋一/辺野古現地世話人 安次富浩 及び名護市長 稲嶺進氏
発表内容:ワシントンポスト・デジタルWeb意見広告内容
1.Webバナー詳細
2.意見広告の内容と写真構成等
3.ノーム・チョムスキー氏、オリバー・ストーン氏、マイレツド・マグワイヤ氏からの辺野古基地建設反対と稲嶺市長のワシントン行動激励メッセージ
4.稲嶺進名護市長のメッセージ、他。

記者会見の様子はこちらのページにてご覧いただけます。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/139582

カテゴリー:お知らせ・活動報告, イベント 2014.04.09

―――――――――――――――――――――
沖縄・元宜野湾市長 伊波洋一さんが講演します!ご参加を
「東アジアの中の沖縄―辺野古新基地は対中戦争の準備―」
ーー沖縄意見広告運動事務局より賛同者の皆様へのお知らせーー
■日時 4月20日午後3時開演 午後2時30分受付開始
■会場 連合会館(旧総評会館)203号大会議室(JR線御茶ノ水下車徒歩3分)
■主催 変革のアソシエ
―――――――――――――――――――――

沖縄意見広告運動の賛同者の皆様に

 この運動の全国世話人の伊波洋一さんが、東京で、来たる4月20日(日)
午後3時より上記のようなテーマ、日時・場所で、講演されます。
 どうぞ、ご参加下さい。この講演は、賛同団体である「変革のアソシエ」の総会の記念講演の一つとして企画され、一般に公開されて行われるもので、どなたでも参加できます。

沖縄での日米両政府とのオール沖縄の闘いは「島ぐるみ会議」という新しい枠組みを発足させ、名護・稲嶺市長の5月末訪米予定など、発展への大きなうねりが強化されようとしています。

ご承知のように、沖縄では、安倍政権による米軍基地押しつけ、オスプレイ常駐・飛行訓練強行・普天間米海兵隊基地の名護市辺野古への移設強行をめざして仲井真知事に辺野古埋め立て申請を強要し、屈服させました。しかし、1月19日の名護市選挙では今までにない大差を持って「辺野古新基地ノー」の稲嶺進市長が再選されました。いま、沖縄県民のオール沖縄の闘いは、「沖縄『建白書』を実現し、沖縄の未来を拓く島ぐるみ会議」(略称・島ぐるみ会議)を発足させ、また名護・稲嶺市長の5月末訪米行動も予定されて、日米両政府との闘いの大きなうねりをつくりだそうとしています。
この緊張する沖縄より、伊波洋一さんが講演のために来られます。テーマは「東アジアの中の沖縄―辺野古新基地は対中戦争の準備―」。沖縄基地の現状と、安倍政権が尖閣や竹島を睨んで何を意図しているのか、それは東アジア全域の中でどのような意味を持つのか、普天間米軍基地を取り囲む宜野湾市の市長であった経験も生かし、講演されます。ぜひご参加ください。
詳細は変革のアソシエホームペイジをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/associe-for-change/

2014,4,9  沖縄意見広告運動東京事務局

追記
沖縄意見広告は、名護市長の訪米時にはアメリカ紙へのウエブ版広告を、また例年のように、6月初旬には国内紙に全面広告を出す準備を進めています。

カテゴリー:お知らせ・活動報告, イベント, 未分類 2014.02.24

下記日程にて、全国キャラバン出発集会を開催いたします。
皆様是非ご参加ください。

3月8日(土)
18:00開始
協同会館アソシエ
講師:山城博治
参加費 500円
(大阪市東淀川区淡路3-6-31)
(沖縄平和運動センター議長/キャラバン隊隊長)
主催:沖縄意見広告運動・関西事務所
TEL.06-6328-5677

カテゴリー:お知らせ・活動報告, イベント 2014.01.29

辺野古新基地建設反対!

 私たちは、標記のスローガンを掲げ、それぞれの課題と取り組む個々人が、お互いに呼びかけあって、軍国主義時代の象徴的“祝日”とされた“2・11=紀元節”(1966年“建国記念の日”として復活)に、滋賀の地で集会を開催します。今回で9回目を数えます。

 今回は、沖縄国際大学の前泊博盛さんをお招きします。
「原発再稼働、不況下の大増税、オスプレイ強行配備、TPP参加、憲法改正……日本はなぜ、こんな国になってしまったのか?」
これは、前泊さんの近著の帯びに記されている言葉です。民主主義の根幹を揺るがす「特定秘密保護法」も充分な審議もされずに強行採決されてしまいました。「なぜ、こんな国になってしまったのか?」これらの謎を私たちは解かなければなりません。

 いくら反対しても、懸命に運動しても、市民の声は無視され、人権が蹂躙され、いつも怒濤のごとく寄り切られてしまうこの事態を私たちは冷静に見きわめなければなりません。日本がこのままでよいわけはありません。閉塞感、無力感、敗北感が漂う中で、前泊さんはその謎解きをして、私たちに前進を促してくれています。
 日本政府は、今年10月、住民の反対や不安や人権を無視して、滋賀県饗庭野(高島市)で日米合同軍事訓練を強行し、オスプレイが市街地を飛行しました。さらに沖縄の辺野古新基地建設をごり押ししました。「米国にどうしろ、こうしろ、という話ではない」というのが日本政府の姿勢です。これでよいのでしょうか。日本はいまだに米国の占領下にあるのでしょうか。
 滋賀の地で、私たち一人ひとりの問題として考えたいと思います。多くの皆さんの参加をお待ちしております。

もっと知りたい!本当の日本~日米安保・憲法・主権・民主主義

●講師:前泊博盛さん(沖縄国際大学・大学院教授、 前・琉球新報社論説委員長)
●日時:2014年2月11日(火・休)14時開会(13時30分より受付)
●会場:解放県民センター 「光荘」  
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜四丁目1番14号 ☎077-522-8243
●協力券:一口 1000円(会場の定員は150名、先着順、当日参加も大歓迎)

《お問い合わせ》 集会実行委員会事務局(自治労滋賀県本部内)  事務局担当:木戸
TEL 077-524-9970 FAX 077-528-2065

《前泊 博盛さんのプロフィール》
・1960年生まれ、駒大・明大大学院卒、1984年琉球新報社入社~2010年論説委員長
・2011年4月~ 沖縄国際大学大学院教授(現職)
・著書:もっと知りたい!本当の沖縄(岩波書店)、沖縄と米軍基地(角川新書)、入門日米地位協定(創元社)、沖縄の真実(共・学研パブリッシング)、終わらない占領(共・法律文化社)
・受賞記事・連載:「国家機密法と沖縄」で日本ジャーナリスト大賞、「検証 地位協定~不平等の源流」で第4回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞・日本ジャーナリスト会議大賞・新聞労連ジャーナリズム大賞特別賞の3賞を受賞
※会場で前泊さんのサイン入りの著書が購入できます。

《会場》 解放県民センター 光荘 (財:滋賀県人権センターと同所)
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜四丁目1番14号 ☎077-522-8243

・JR膳所駅・京阪膳所駅より北東へ約1km
・近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停より北東へ約250m
《呼びかけ人》(50音順 2013年12月25日現在)
浅井秀明(滋賀県市民オンブズマン)・阿部陽子(オリーブの会)・池田進(アムネスティ大津坂本グループ)・稲村守(9条ネット事務局長)・井上ミチコ(男女平等条例を推進する会共同代表)大谷和雄(滋賀県民平和人権運動センター議長)・岡田京子(カトリック正義と平和京都協議会)・岡田啓子(ふぇみん滋賀代表)・岡田冨美夫(弁護士)・川上信(八日市教会牧師)・川瀬美智子(滋賀県教職員組合書記長)・木戸進次(自治労滋賀・労働相談員)・木村幸雄(「つくる会」教科書を中学生の手に渡したくない市民・保護者の会)・小石さとみ(自治労滋賀県本部委員長)・小坂淑子(教育総研しが代表)・更家周子(原発を知る滋賀連絡会)・沢田享子(滋賀県議会議員)・嶋川まき子(女性のための労働相談主宰)・下村勉(大津あいあい保育園長)・園田由美子(NPO法人職員)・高瀬元通(反戦老人クラブ滋賀事務局長)・高橋幸子(はなかみ通信)・髙間エツ子(滋賀・沖縄県人会)・竹内宙(堅田教会牧師)・竹下育男(弁護士)・谷村徳幸(水口教会牧師)・千葉宣義(牧師)・中井正子(NPO法人おおつ環境フォーラム理事)・仲尾宏(京都造形芸術大学客員教授)・永島鉄雄(さいなら原発びわこネットワーク代表世話人)・仁尾和彦(護憲原水禁滋賀県民会議事務局次長)・西村修(さよなら原発・高島の会)・野坂昭生(さいなら原発・びわこネットワーク事務局長)・藤野政信(部落解放同盟滋賀県連合会委員長)・藤本眞生子(暮らしを考える会)・真砂良克(大津教会牧師)・松岡由香子(牧師)・村上美和子(よつ葉ホームデリバリー京滋)・山口敏樹(NPO法人けいかん代表)・山田吉則(使い捨て時代を考える会)・山元重夫(キリスト者)・山本剛(野洲市会議員)・横田明典(日本基督教団滋賀地区議長)・渡辺武達(同志社大学教授)

カテゴリー:お知らせ・活動報告, イベント, 未分類 2013.10.03

下記日程にて討論集会を開催いたします。
皆様是非ご参加ください。

配布チラシ [PDF]

11.2 討論集会「今、沖縄と結び、どう戦うか」
オスプレイNO!
辺野古の埋立てを許さない!
名護市長選に向けて!

現在、来年1月の名護市長選を前後して、安倍政権が姑息な手段で沖縄県に辺野古の海を米軍海兵隊の新基地のために埋め立て申請したことに対して、仲井真知事が承認するか、不承認かの重大な局面にあります。今月3日に開催される「2プラス2」日米会談でオスプレイ全国低空飛行訓練実施を表明。これに対してどうたたかうか。皆さんの参加を!

日時:11月2日(土) 午後6時開場/午後6時半開演
会場:中野勤労福祉会館3階大会議室
(中野駅南口下車徒歩2分 電話:03-3380-6946)
講演:安次冨 浩(沖縄・ヘリ基地建設反対協議会共同代表)

主催:沖縄意見広告運動(第五期)
協賛:山シロ博治勝手連・東日本