ワシントンポスト電子版への掲載の様子

第5期沖縄意見広告運動では、5月15日からの稲嶺名護市長訪米にあわせて、米ワシントンポスト紙電子版への意見広告掲載を行います。
この意見広告に、稲嶺名護市長、ノーム・チョムスキー氏(言語学者)、マイレード・マグワイア氏(ノーベル平和賞受賞活動家)、オリバー・ストーン氏(映画監督)等が共同でアピールして下さいます。
掲載日時等詳細については以下をご確認ください。

【掲載日時】
米国東時間2014年5月19日深夜0:00-5月21日23:59
日本時間2014年5月19日13:00-5月22日12:59

【掲載場所】
■オピニオページ

http://www.washingtonpost.com/opinions/

こちらのページ上部に意見広告横長バナーが常時表示されます。

■その他オピニオンページ、ワールドページ、その他カテゴリー以下のページなど

http://www.washingtonpost.com/politics/

http://www.washingtonpost.com/world

http://www.washingtonpost.com/opinions/

http://www.washingtonpost.com/business/

http://www.washingtonpost.com/world/asia-pacific/

http://www.washingtonpost.com/opinions/local-opinions/

上記のページ以外のさまざまなページにも
ページ上部の横長バナーや、ページ右側の四角いバナーが表示されます。
出現率は、30%程度なので、3~4回に1回は見られるかと思います。
ページを見ても意見広告バナーが見られない場合は、ブラウザの更新ボタンを押してみて下さい。

【リンク先】
以下URLにて意見広告ページを用意しそちらにリンクを貼ります。

http://www.okinawaiken.org/washingtonpost/

■稲嶺名護市長同席での者会見開催決定!!
稲嶺名護市長同席にて米ワシントンポスト紙電子版意見広告実施についての記者会見を行います。
くわしくはこちらの記者会見開催ご案内ページをご覧ください。


コメントをおよせください